スポンサーサイト

※似た花があるかもしれません
科・色・ワード検索や属名クリックをお試しください
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




フシグロセンノウ

※似た花があるかもしれません
科・色・ワード検索や属名クリックをお試しください
フシグロセンノウ トップ
ナデシコ科
マンテマ属
Silene miqueliana (Rohrb.) H.Ohashi et H.Nakai

(※センノウ属(リクニス)ともされるがYList等では広いシレネ属(マンテマ属)に組み入れられている模様。)
花は径3.5cm~5cm程度、草丈は30cm~70cm程度。花も大きく丈も結構大きくなる。林の緑色によく映える
ナデシコ科らしい整った二出集散花序。3節程度まで花か花序がついていて、3花程度が同時に咲いている場合が多い。
対生する葉腋から1本側枝を出し3本になるが常に中央が太く全体に割としっかりしている。この群落では立地の都合で明るい方へいつも倒れているが、質がふにゃふにゃしているわけではない。
中部位からは枝の代わりに蕾か花序を出す。

明るい花色なので、カメラで花の色をきちんとした濃さ・明るさ・色合いを出そうとして撮ると、茎等はほとんど黒く映ってしまう状況が多い。

全景と周囲の様子

フシグロセンノウ 全景 フシグロセンノウ 周囲の様子 フシグロセンノウ 周囲の様子
フシグロセンノウ 若い全景 フシグロセンノウ 蕾時期の全景 多少明るさのある林縁の草地で見られ、土を選ぶのと宿根でまた生えてくるため、かたまってそこにだけ生えている感じ。
鮮やかでやたら目立つ上にお盆時期に咲くので、かっこうの摘み取り対象になる上、草刈りの時期でもあるので、最近の土地管理方法では減少の道をたどる種だろう。

上段三枚目の写真で結構多数生えていると思われるかもしれないが、写っているこれでほぼ全て。

フシグロセンノウ 周囲の様子 上段三枚目の周囲の写真の、一年後(+1日。)の状態。
前年の花より1.5m程度移動した位置で、同じ場所の方のものは咲いていない、小型の株のみ。栄養状態等色々あって毎年コンスタントには咲けないのかもしれない。

蕾の様子

フシグロセンノウ 蕾 フシグロセンノウ 蕾 フシグロセンノウ 蕾
フシグロセンノウ 蕾花弁が巻いたの様子 蕾は細身とはいえ結構でっぷりしている。先側の途中がかなりぷっくり膨れている。
先端は摘んだように伸びていてその少し手前辺りから萼が5つに裂けて開く。萼の5片はほぼすべて異なる長さで最も大きな2片が嘴のようになっている。片の縁では劣化居すると白っぽい薄緑の別パーツ状になった内段があり、斜上する微軟毛が生えている。

花の様子・花の拡大

フシグロセンノウ 花。
オシベ第二陣が伸びた後 フシグロセンノウ 花 フシグロセンノウ 花 花弁は60度程度の逆三角状で角がはっきりしかけた水滴型先端は細かいがはっきりした不整なぎざぎざがある。
中央脈はくっきり目立つ。
折れて開いている部分までが片として独立し、それより基部側は筒になり色も白緑になる。
花の中央の片の基部手前には2つセットになった小片があり、卵形でそれぞれ1~4程度の不整な切れ込みがある。
花弁は艶もなくややしっとり落ち着いた感じにも関わらずやたら目立つ。色も色なのだが、強い光を当てるときらきら少し粉状に光って見えるようで、これが原因の模様。
葯・花粉とも渋い紫。(※写真では小豆色っぽくなっているものがあるが実際にはもう少し青味がある。)
オシベ花糸は多少の紫味はあるもののかなり白い。

フシグロセンノウ 花のオシベと小片 フシグロセンノウ 花のオシベと小片 フシグロセンノウ メシベのアップ
派手な花弁の中央で小さな変化があるので、アップ。
雄性先熟。10本あるオシベは二段階で出る。先に5本が出て立って花粉をしっかり出し、それが伸びて外に倒れて花粉がなくなった頃に次の5本が立って花粉を出す。
その後、後の5本も放射状に外に倒れ、中央から5本の先付近だけが少し曲がった程度のメシベ花柱(広義柱頭)が突き出てくる。
花弁が蕾時期に巻いているのと同様、花柱は同じ方向に柱頭「面」を向けている。ぼさぼさ微毛が生えているが、肉眼では分からない。
フシグロセンノウ 花。オシベの第一陣 フシグロセンノウ 花。オシベの第二陣 フシグロセンノウ 花。メシベが覗いてきた段階 同じように段階順に引いた花全体を並べると、このようになる。ただし、花弁の痛み具合はそれと連動しているわけではないので注意。

花の横顔の様子(花後も)

フシグロセンノウ 花の横側 フシグロセンノウ 花の横顔、筒部。(右側は裂けているが。) フシグロセンノウ 花後 花弁の、正面から見えていない筒状に合着した部分を見ると、中央脈の裏と隣の花弁と合着する部分とで計十本のはっきりした畝ができている。(なお、中央の写真では筒の右側が裂けているのでシベが見えている。)

葉や茎・節の様子

フシグロセンノウ 葉 フシグロセンノウ 葉 フシグロセンノウ 節 フシグロセンノウ 中部の節 下部の葉は狭長楕円や倒狭卵形、広披針形等でかなり巨大で最大20cm程度あり、正直蕾の時期に見てもナデシコ科とは分かりづらいかもしれない。
表面はやや波打っていて、質は柔らかいがしっかり横に張り出していて傷んでくるまであまり垂れていない。
中央脈はくっきり目立つ。
葉柄は、ないか、ほぼない。
数段巨大な葉が続いた後、突然異様に小さな三角状線形のくるんとやや外に反った葉片に入れ替わる。
このため上部はほとんど茎だけでひょろっと伸びているようなシルエット。
葉も茎も白い軟毛で毛深い。また葉縁の毛は開出気味なため結構ぷつぷつと目立つ
茎の毛は下向きの縮毛・圧毛。上部では少しだけ腺毛が生えている部分もたまにある。
節部の上側は濃く渋く暗い赤紫に染まり膨れていて「節黒」がつく名は確かだが、それほどこの点が目立って見えるわけではない。

果実と種子の様子

フシグロセンノウ 果実期全景 フシグロセンノウ 果実期全景 フシグロセンノウ 果実期 フシグロセンノウ 果実期
フシグロセンノウ 果実 (年に二度くらい気ままに草刈をするようで、花の前に刈られたり花後に刈られたり…。この場所では結実まで行き着けることは滅多にない。)
枯れると蒴果部分が萼と同じ色になるので分かりづらいが、先端で萼の開いた部分の先でキャラメル色でおちょぼ口程度にくるんと割けているのが蒴果部分

フシグロセンノウ 種子 フシグロセンノウ 種子 フシグロセンノウ 種子 やや平たい腎臓型でナデシコ科らしい種子形状。
種子の色はわりと薄く、灰褐色。表面は肉眼でもはっきりと突起が見える。拡大してみると、刺っぽく見えていたものは板状の突起だったり複数の形になっていて結構多彩だったりする。なお、一番広い部分にある突起を中心に突起中央の色が異なっていたり穴状になっている。しかもたまに光るので、腺点かもしれない。

フシグロセンノウ 種子 フシグロセンノウ 種子

花確認:
2010(F8)
2011(F8)
実確認:
2008(C12)
2012(C12)

千葉県版のマンテマ属
スポンサーサイト


お役に立ちましたか?

※ただの誹謗中傷やスパムは…本気でへこむので勘弁してください。

«前のページ  | 表紙 |  次のページ»
権利についてはこちらを参照:権利について

お知らせ


●一応植物図鑑みたいなもの
【詳細1】【詳細2】
●リンク大歓迎
【詳細】
●メールの送信
(コメントはこちらにてどうぞ)
【送信画面へ】
●時期早見
【早見ページへ】

●千葉版(本体版)はこちら
【●千葉北西部周辺ぷち植物誌】

ようこそ画面

【Javascriptが無効です】
ようこそ 宮城県仙台方面いなか丘陵周辺ぷち植物誌へ ×

このサイトは、宮城県の仙台方面いなか丘陵周辺をターゲットにしたぷち植物誌です。
【●千葉北西部周辺ぷち植物誌】に寄生させていたデータを分離しました。
FC2さんのシステムを利用していますが、
日記ものではなく図鑑なので既存文書は都度更新されます。

次回この画面を表示しない


●サイドバーもぜひ活用してください。
 よく似た別の花が載っているかもしれません。


【●お知らせ】(新しい順)
【システム関連】(最新順)
●本体版(千葉)に掲載している種は基本的に掲載していません。
●本体版である【●千葉北西部周辺ぷち植物誌】はこちら。
  URL:http://pepd.blog66.fc2.com/

Plug-in by T.Codd
【●メッセージ復帰】

画像サイズ切替

画像サイズを切り替えます。

長辺pxに【調整】【戻す】

ぱら見したい場合等に。
※枠自体は拡がりません。

部位アルバム検索

部位別一覧で植物を探せます。

(千葉・宮城統合データ)
【花】【葉】【茎】【実】【幼生】

※機械生成なのでノイズ的な画像もあります。

花色で分類

※連絡等 3 件
紫系  (全部) 47 件
4 件
33 件
3 件
7 件
黄系  (全部) 30 件
6 件
24 件
その他 (全部) 85 件
58 件
15 件
12 件
記事総数:
(種数とはやや異なる)

科分類

ブログ内検索

カウンタ

(s. 09/06/01)

全ての記事

【全ての記事を表示】
【sitemap file】



ここよりFC2さんの広告です→まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。