スポンサーサイト

※似た花があるかもしれません
科・色・ワード検索や属名クリックをお試しください
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




イヌナズナ

※似た花があるかもしれません
科・色・ワード検索や属名クリックをお試しください
イヌナズナ トップ
アブラナ科
イヌナズナ属
Draba nemorosa

花は十字花の対角方向で3mm程度、草丈は8cmから20cm程度。
赤味のない黄色の小さな花。
直立したまに分枝する。基部付近で数本分枝して放射状に湾曲斜上して立っているものも中には見られる。
ナズナの逆三角状倒心形も独特だと思うが、こちらも面白い形状の果実をつける。先の方がほんの少し幅のあるほぼ長楕円形で偏平
面を横に向けてくれるので、全景写真でこの果実がちゃんと写ってくれる。

根生葉がかなり小さめでバランスが悪い。ひょろひょろ長いので背景をぼかしたまま全体にピントを合わせることができない。

全景の様子

イヌナズナ 全景 イヌナズナ 全景 イヌナズナ 全景 イヌナズナ 少し貧弱な個体
イヌナズナ 全景 イヌナズナ 群落 左は典型的な姿と言える。根生葉が小さいこと以外はサイズもシルエットもわりとナズナっぽい。
茎の基部から5回程度互生して葉をつけ、この葉はすべて圧縮されたように下に溜まっている場合もあり葉間がかなり開いている場合もあり、まちまち。(ナズナ等でもこの点は同様。)

イヌナズナ 葉間のある個体 イヌナズナ ナズナ ミチタネツケバナ 全景 葉間が空いている個体では、花序が伸びていないとかなり印象が変わる。(花序軸がこの後伸びれば相対的に大差なくなる。)
右はイヌナズナとナズナとミチタネツケバナが一緒に咲いている光景。(ミチタネツケバナは右側最奥でぼけているもの)。
シロイヌナズナも生えているが、位置の都合で写らなかった。

花序と花の様子

イヌナズナ 花序 イヌナズナ 花序 イヌナズナ 花序 イヌナズナ 花
この花色もサイズも好ましいが果実が絶妙にかわいらしい。
イヌナズナ 花の横顔と蕾・萼 イヌナズナ 花序 イヌナズナ 花
イヌナズナ 花の拡大 蕾はかなりの卵球形でころんとかわいらしい。
咲き始める大きくなった蕾はまだ咲かない小さな蕾たちの頭に萼の基部あたりが来るくらいに伸びて開花するので、花序の真ん中は引っ込んでいる。
花弁は鮮やかな黄色で、山吹色のような赤味はない。長楕円で先は浅く切れ込み、片の先も湾入部もやや丸い。花弁には3脈ほどうかがえるが、ほとんど分からない。
萼は卵形で強い舟形で器のようで、バランス上大きめ。背の中央付近に白い軟毛がいくらか生えているが、生えていないものもある。(アブラナ科ではわりとみんなそう。)
萼の色は明るい緑(黄緑)で、縁は薄い黄色で縁どられている。萼は花期にあまり開かずほとんど立ったままで、萼片同士の隙間もほとんどできないので、花弁は萼の先で急に折れるように開いている。
メシベ花柱は緑だがそれほどその色は目立っていない。
オシベは6本あり二長オシベで、メシベの子房の稜側になる位置には2本ずつ計4本、子房の面側に位置する広い側のが1本ずつ計2本でやや他より葯の一つ分くらいだけ短い。
花粉はクリーム色。

葉の様子

イヌナズナ 根生葉 イヌナズナ 根生葉の拡大 イヌナズナ 葉
イヌナズナ 葉 根生葉はロゼット状に取り巻いているが枚数はあまり多くない。狭長楕円・披針形・倒披針形で、全草のバランス上小さい。1対か2対程度の小さいが荒い形態の鋸歯がある。
茎葉は無柄で卵形から長卵形、基部は円形で、3対程度の荒いはっきりした鋸歯がある。葉全体は丸みを感じるものの鋸歯の先は一応尖っている。
葉面、縁とも短い白い軟毛が密生していて、よく見ると柄のある星状毛が多く生える。毛の基部では葉面がぷつぷつ盛り上がっている。

茎の様子

イヌナズナ 枝 イヌナズナ 茎の毛 イヌナズナ 花序軸の毛 たまに分枝。
株元から最上部の葉の間までは星状毛の混じる短軟毛が密生し、それより上部である花序軸はほとんど無毛になる。(下の方に数えられる程度生えてはいる。)
葉が溜まらずに点在する個体でも茎の長さ等に関係なくしっかり最上部の葉のところまで毛が密生し、茎と花序軸がしっかり分かれてる模様。

果実の様子

イヌナズナ 果実 イヌナズナ 果実 イヌナズナ 果実と種子 果柄間はナズナ程度にかなり間延びする。
果実は長さ6mm、幅2.5mmから3mm程度で、先の方が少しだけ太さのある偏平な長楕円形
各面は蓋になっているため、果実本体の部分との境界が段状に縁取られている。
先端は極短の嘴と柱頭の残骸とが段になっているが、ルーペで見て併せてひとつのぽっちに見える程度で嘴が長く伸びることはない。
何となくつるつるして見えるが、ルーペレベルでは微細な白いやや斜上する開出毛が密生している。

柄の向かう方向(内外方向)に面を向けず、その方向にはエッジが向いている。
詰まった花序で上を向いて短い花柄もかなり上方向に斜上させて咲いているが段々開いて下がって湾曲斜上になり、果実期には果柄が1.2cm程度と伸びてかなり開出し80度以上からほぼ水平になる。花柄の長さは果実の長さの倍程度。
果実部は果柄と少し角度がありやや持ち上がる。
果実の中は面方向の仕切りがあり平たい2室になり、各室では左右に分かれて外周側から種子が生えている。各列の種子は10程度になっているので、ひとつの果実で30程度の種子がある。
種子は少し偏平なもののほとんどころころした感じで、倒長卵体。


花確認:
2011(F4)(F5)
2012(F5)
実確認:
2011(C4)(C5)
2012(C5)

千葉県版のイヌナズナ属
スポンサーサイト


お役に立ちましたか?

※ただの誹謗中傷やスパムは…本気でへこむので勘弁してください。

«前のページ  | 表紙 |  次のページ»
権利についてはこちらを参照:権利について

お知らせ


●一応植物図鑑みたいなもの
【詳細1】【詳細2】
●リンク大歓迎
【詳細】
●メールの送信
(コメントはこちらにてどうぞ)
【送信画面へ】
●時期早見
【早見ページへ】

●千葉版(本体版)はこちら
【●千葉北西部周辺ぷち植物誌】

ようこそ画面

【Javascriptが無効です】
ようこそ 宮城県仙台方面いなか丘陵周辺ぷち植物誌へ ×

このサイトは、宮城県の仙台方面いなか丘陵周辺をターゲットにしたぷち植物誌です。
【●千葉北西部周辺ぷち植物誌】に寄生させていたデータを分離しました。
FC2さんのシステムを利用していますが、
日記ものではなく図鑑なので既存文書は都度更新されます。

次回この画面を表示しない


●サイドバーもぜひ活用してください。
 よく似た別の花が載っているかもしれません。


【●お知らせ】(新しい順)
【システム関連】(最新順)
●本体版(千葉)に掲載している種は基本的に掲載していません。
●本体版である【●千葉北西部周辺ぷち植物誌】はこちら。
  URL:http://pepd.blog66.fc2.com/

Plug-in by T.Codd
【●メッセージ復帰】

画像サイズ切替

画像サイズを切り替えます。

長辺pxに【調整】【戻す】

ぱら見したい場合等に。
※枠自体は拡がりません。

部位アルバム検索

部位別一覧で植物を探せます。

(千葉・宮城統合データ)
【花】【葉】【茎】【実】【幼生】

※機械生成なのでノイズ的な画像もあります。

花色で分類

※連絡等 3 件
紫系  (全部) 47 件
4 件
33 件
3 件
7 件
黄系  (全部) 30 件
6 件
24 件
その他 (全部) 85 件
58 件
15 件
12 件
記事総数:
(種数とはやや異なる)

科分類

ブログ内検索

カウンタ

(s. 09/06/01)

全ての記事

【全ての記事を表示】
【sitemap file】



ここよりFC2さんの広告です→まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。