スポンサーサイト

※似た花があるかもしれません
科・色・ワード検索や属名クリックをお試しください
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




エンレイソウ

※似た花があるかもしれません
科・色・ワード検索や属名クリックをお試しください
エンレイソウ トップ
ユリ科 APGシュロソウ科
エンレイソウ属
Trillium apetalon Makino

花は最盛状態ではやや窄まっていて後期終わりかける前から開くためどの時期で表現するか悩むが、 一番花っぽく開いている後期で径3cm程度、草丈は花茎の端までの高さで15cmから25cm程度。
「葉」の状態等から結構巨大な感じに思われるかもしれないが、全体としてはそれほど大きなものではなく、花も小さい。

基数3で独特のスタイルのこの仲間は、野山で見ると面白い。
暗い杉林や谷津等から畦の脇の林縁等春には明るい場所まで、それなりに湿っていればわりと育つ。

地下で伸び、1~数本まとまって花茎を出しそれと別に葉を出す。花がついているのは花茎で、先端で三輪生状の苞葉をつけて中央から花柄を出し花をひとつだけつけていて、葉はそれと別に細身の長い葉柄を出す三出複葉になる。
小さい葉が見られた場合にいずれ中央に花柄が出てくるわけではなく別の器官なので、注意。
また、花は、バラの花のようにふわっとした苞葉に包まれてうつむいた状態で花被片を開かずに開花を始める。花被片の基部側は隙間が開いているためオシベと子房が見え、既に大量の花粉をこぼしている。
花被片が半開する頃には苞葉はやや力なく開いている。まだ花はうつむいている。花被片も柔らかい。

色の塗り分けでやたら形態(品種、forma.。)名をつけたがったのか「エンレイソウ」(Trillium apetalon)種下にはいくつも名前が見られるが、外花被片の色は個体毎・時期毎・日当たり等の環境毎にころころ変わり年によっても違ったりするもので、細かく分けて呼びたい場合には外花被片の色合いの違いだけで短絡しないでちゃんと定義通りの子房やシベの色なのかも見て欲しい。

全景と「順送り」の様子

エンレイソウ 全景 エンレイソウ 全景 こうして見ると盾みたいで面白い。というか、やたら花が小さいなと感じる。花は地味だが苞葉込みで花だと考えてしまえばかなり目立って特徴的で、個性的。
なのだが、これだけ異質なのに周囲に溶け込んでいてスルーしてしまったりする。
…葉っぱからはサトイモ科の仲間っぽい印象を受けてしまう。

エンレイソウ 開花始め エンレイソウ 蕾から開花へ エンレイソウ 開花期の花 エンレイソウ 花の経過
多少時期は前後するがわりと苞葉に包まれたまま既に咲いているので、なんだか面白い。まとめて食べてしまいたくなる。
苞葉は段々大きくなるが最盛期で全体の径が20cm以上あり1枚でも幅が15cm程度もある。それぞれかなり広い広卵形で、出た頃に丸まっていた柔らかい性質をしばらく持っているため、ややうねるようによれていることも多い。

花と花柄の様子

エンレイソウ 開花始め エンレイソウ 開花中期と零れる花粉 エンレイソウ 最盛期の花
エンレイソウ 花 花被片は内花被片がつかず縁が濃く渋い紫褐色にじわっと染まった外花被片のみが3枚ある(面にも斑状に染まりが多少ある。染まり具合・濃淡はまちまち。)。
また、筋状に斑の赤紫褐色の染まりがついていたりする。
花期は花被片の質が弱く、中途半端に開き、ややねじれるように弱くうねりよれている。
1枚目の状態で既に開花し花粉も出しているので注意。

エンレイソウ シベと花粉 エンレイソウ 花 エンレイソウ 花 子房部は6室集まっているのかそれぞれ谷と稜があり角ばったかぼちゃのような狭卵体で咲いている頃は径5mm~1cm程度と小さく、まだ花の体裁を保っている状態でさっさと膨れて1.5cm程度に膨れる。
子房の先端は摘んだように尖りその先に2畝でできた毛だらけの薄めの紅色に染まる白っぽい柱頭が3本あり、それぞれ外向きに開いてつき先端側で強く後方に湾曲して子房の尖りにくっつくようになっている。
オシベは子房の窪み側に位置し6本ありやや開くように立っている。
葯に見える部分(葯隔)は外から見ると扁平なこん棒状(=へらと披針形の間)の濃い赤紫色で、内側の両脇に縦長のもう少し色の渋い(※出し終わって乾いているものは生成り色)半葯をつけそれぞれ白い花粉をあふれさせる。
花粉は粉っぽく、開花初期には外花被片にも苞葉の上にも大量に零れている。(なお、風が強めの日には接写しているとカメラのレンズに結構つくので注意。)
花糸は薄い白黄緑で見かけ上は葯の半分くらいに見えるが、基部から曲がって伸びているため実際には同程度か花糸の方がやや長い。

エンレイソウ 花の後と花柄 エンレイソウ 花柄 中央から5cm程度のやや下にくねった花柄を出して花をつける。花柄は重みで下にくねっているのではなく花期にはそういう性質の模様。

花茎と苞葉の様子

エンレイソウ 花茎の束と苞葉裏(左側)と小さい葉(右側) エンレイソウ 花茎の基部 エンレイソウ 苞葉の裏 エンレイソウ 花茎と苞葉裏
束になって出ている花茎。明るい薄い黄緑~若草色で、無毛ですべすべしている。縦に何本も筋が走っている。

葉と葉柄の様子

エンレイソウ 小さい苞葉の花と小さい葉 エンレイソウ 多数出た葉たち 葉は、太く長い葉柄の先に小葉柄なしでくっついた三出複葉で全体で径12cm程度。苞葉より小さい。側小葉はやや菱状の卵形、頂小葉は基部側が少し角ばった感じの広卵形、それぞれ先端は摘んだように尖る。
基部は頂小葉のみ浅円形で側小葉はくさび形で縁はたまに角ばった弱い波状。3本の主脈と網状脈。脈部は少し色が明るめ。
表裏とも無毛だがつやはない。
葉質はみずみずしくしっとりしているがぺらぺらではない。

花後から果実期

エンレイソウ 全景・花の後期 エンレイソウ 染まりの強い花 エンレイソウ 果実期全景 エンレイソウ 若い果実
(日当たりが結構ある場所等では、花後に花被片の染まりが濃くなるものも多い。)
花被片は平開後に段々後方に丸く反る。苞葉もなんだか丸っこく垂れて亀みたい。
花後には花部はしっかり横を向き花被片の質も少し硬くなり、狭卵体だった子房部は横方向に膨れて稜のあるお饅頭型になる。面白い。

染まりが強めの花

エンレイソウ 染まりの強い花 この個体(周囲に花茎は数本出ている)は染まりが強く、全体に紫になっている。とはいえ、この花は花期後期に差し掛かるところ。


花確認:
2012(F5)
2013(F5)
実確認:
2008(C6)

宮城県版のエンレイソウ属
スポンサーサイト


お役に立ちましたか?

※ただの誹謗中傷やスパムは…本気でへこむので勘弁してください。

«前のページ  | 表紙 |  次のページ»
権利についてはこちらを参照:権利について

お知らせ


●一応植物図鑑みたいなもの
【詳細1】【詳細2】
●リンク大歓迎
【詳細】
●メールの送信
(コメントはこちらにてどうぞ)
【送信画面へ】
●時期早見
【早見ページへ】

●千葉版(本体版)はこちら
【●千葉北西部周辺ぷち植物誌】

ようこそ画面

【Javascriptが無効です】
ようこそ 宮城県仙台方面いなか丘陵周辺ぷち植物誌へ ×

このサイトは、宮城県の仙台方面いなか丘陵周辺をターゲットにしたぷち植物誌です。
【●千葉北西部周辺ぷち植物誌】に寄生させていたデータを分離しました。
FC2さんのシステムを利用していますが、
日記ものではなく図鑑なので既存文書は都度更新されます。

次回この画面を表示しない


●サイドバーもぜひ活用してください。
 よく似た別の花が載っているかもしれません。


【●お知らせ】(新しい順)
【システム関連】(最新順)
●本体版(千葉)に掲載している種は基本的に掲載していません。
●本体版である【●千葉北西部周辺ぷち植物誌】はこちら。
  URL:http://pepd.blog66.fc2.com/

Plug-in by T.Codd
【●メッセージ復帰】

画像サイズ切替

画像サイズを切り替えます。

長辺pxに【調整】【戻す】

ぱら見したい場合等に。
※枠自体は拡がりません。

部位アルバム検索

部位別一覧で植物を探せます。

(千葉・宮城統合データ)
【花】【葉】【茎】【実】【幼生】

※機械生成なのでノイズ的な画像もあります。

花色で分類

※連絡等 3 件
紫系  (全部) 47 件
4 件
33 件
3 件
7 件
黄系  (全部) 30 件
6 件
24 件
その他 (全部) 85 件
58 件
15 件
12 件
記事総数:
(種数とはやや異なる)

科分類

ブログ内検索

カウンタ

(s. 09/06/01)

全ての記事

【全ての記事を表示】
【sitemap file】



ここよりFC2さんの広告です→まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。